ディープラーニング専用ワークステーションが続々登場 選ぶならどれ?

      2016/03/10

ディープラーニング専用ワークステーションが続々登場 選ぶならどれ?

ディープラーニング(深層学習)が人工知能・機械学習の研究分野で大ブレイクして、ビジネス分野への応用が盛んに行われています。またディープラーニンが実行可能なPCも低価格なものが登場し、参考図書の出版やネットでのノウハウが公開されるなど、新たに参入する人にとっては敷居がどんどん低くなってきています。ディープラーニング用と銘打った製品が市場にいくつもあります。

株式会社サードウェーブデジノスが製造し、株式会社UEIが販売を手がけるのが、DEEPstation DK-1で、4つのラインアップの入門用は20万円台です。DEEPstation DK-1にはブラウザから手軽に使うことができる学習環境としてアプリケーションDEEPstationがプリインストールされます。

販売:株式会社UEI
製品名:DEEPstation DK-1 Basic Edition
CPU:インテル Core i7-6700K(クアッドコア/HT対応/定格3.40GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8MB)
チップセット:インテル Z170
電源:600W 静音電源 / 80PLUS GOLD
RAM:16GB PC4-17000 (DDR4 SDRAM, 8GB×2) ただし32GB PC4-17000 (DDR4 SDRAM, 16GB×2)を選ぶとプラス19,800円
SSD:250GB x 1
HDD:1TB SATA 6Gb/s 接続(SATA3)
GPU:NVIDIA GeForce GTX 980Ti 6GB (2816CUDAコア/250W)
税込価格:255,960円
参考ウェブサイト:https://deepstation.jp/order/

もうひとつスペックの高いものは、Personal Editionとして用意されています。

販売:株式会社UEI
製品名:DEEPstation DK-1 PersonalEdition
CPU:インテル Xeon E5-1620v3 (クアッドコア/HT対応/定格3.50GHz/TB時最大3.60GHz/L3キャッシュ10MB)
チップセット:インテル C612
電源:900W 80PLUS GOLD
RAM:16GB PC4-17000 (DIMM DDR4-2133 Reg 4GB×4 ECC)  ただし最大256GBまで積載可能。
SSD:240GB x 1
HDD:1TB SATA3 x1
GPU:NVIDIA GeForce GTX TITAN X 12GB(3072CUDAコア 250W) x1  ただし最大2機まで搭載可能。
税込価格:506,520円
参考ウェブサイト https://deepstation.jp/order/

さらに上のラインアップになると100万円を越えてしまいます。個人ではそうそう手がでないでしょうから、研究室や企業向けでしょうか。

販売:株式会社UEI
製品名:DEEPstation DK-1 PersonalEdition
CPU:インテル Xeon E5-2620v3 x2(クアッドコア/HT対応/定格3.40GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ15MB)
チップセット:インテル C612
電源:2000W 80PLUS Titanium
RAM:32GB PC4-17000 (DDR4 RDIMM,4GB x8) ただし最大512GBまで積載可能。
SSD:480GB x 1
HDD:1TB SATA3 x1
GPU:NVIDIA GeForce GTX TITAN X 12GB(3072CUDAコア 250W) x 3
税込価格:1,250,640円
参考ウェブサイト https://deepstation.jp/order/

この価格帯になると他社の製品も比較の対象になります。例えば、大学・研究機関向けオーダーメイドPCを販売するuniVの製品DeepLearningBOX(トーワ電機社製)。

販売:uniV
製品名:DeepLearningBOX
CPU:Core i7 5930K 6core/12thread 3.5GHz(Turbo Boost時最大3.7GHz)
CPUクーラー:水冷ユニット CORSAIR H60
GPU:  GeForceGTX TITAN X 12GB DVIx2/ HDMI/ DisplayPort 表示演算兼用
GPU 2nd:GeForceGTX TITAN X 12GB DVIx2/ HDMI/ DisplayPort
マザーボード:intel X99Express チップセット
メモリー:32GB (8GBx4) DDR4-2133 Quad-Channel (高品質永久保証品)
BootDevice:SSD 480GB MTBF120万時間高耐久 intel MLC
電源:1500W 80PLUS GOLD認証静音電源 100V入力(GPUワークステーション用)
OS:Ubuntu
フレームワーク:Caffe , CUDA , CuDNN , cuda-convnet2 , Chainer , DIGITS2.0 , G-DEP MCL(RC) , Python , Pycuda , Torch7 , Theano

税込価格:¥1,131,641

参考ウェブサイト: http://www.univpc.com/product_list/v/551a1186f1fc9

これはGPUを最大4つ搭載可能で、RAMも128GBまで載せられます。uniVのDeepLearningBOXには、DIGITSインストールモデル以外に、TensolFlowインストールモデル、TESLA搭載モデル(¥1,686,960)という選択肢があります。

パソコン工房もDeep Learning UNITという製品を販売しており、 基本モデルが税別で921,500円。最大4基のTITAN X GPUを搭載可能。これはトーワ電機の「DeepLearning BOX」と同一の製品のように見えますだそうです。

販売:パソコン工房
CPU     インテル® Core™ i7-5930K 6core/12thread 3.5GHz (水冷)
GPU     NVIDIA® GeForce GTX TITAN X 12GB 表示演算兼用x1枚
メモリ     DDR4-1600 Quad-Channel 32GB (8GBx4枚) (4 枚単位: 最大 8 スロット)
ストレージ システム用     2.5インチ SSD 480GB MTBF120万時間高耐久 (最大4 基搭載)
ストレージ データ用     2.5インチ HDD SATAIII 1TB (最大4 基搭載)
電源     AC100V 入力 80PLUS 認証 1500W
OS     Ubuntu14.04 以上 + CUDA 6.5 以上+ NVIDIA DIGITS

価格:税別921,500円

参考ウェブサイト:https://www.pc-koubou.jp/casestudy/dlb.php

 

株式会社HPCテックは、ウェブ上では価格がわかりませんがDEEP LEARNING ENTRY WORKSTATION HPCT W111ga-DLを販売しています。スペックはカスタマイズできるようです。

販売:株式会社HPCテック

製品名     DEEP LEARNING ENTRY WORKSTATION
型番     HPCT W111ga-DL
GPU      NVIDIA GeForce GTX TITAN X  (12GB GDDR5)
CPU     インテル Xeon プロセッサー E5 ファミリー インテル Core i7 プロセッサー ファミリー
メモリ     1枚当たり     4GB, 8GB, 16GB, 32GB 最大容量     256GB スロット数     8
メモリタイプ     DDR4-2133 ECC, Un-buffered, Register Memory
SSD     対応(2.5インチ)
ハードディスク     形状     2.5及び3.5インチ
HDD容量     1基あたり500GBから4TBまで
HDD仕様     SerialATA III 7200rpm (SATAIII接続)
システム電源     1500W (GPGPU演算プロセッサ搭載数などにより電源容量を決定します)
OS     ・CentOS 7.1(推奨)・Ubuntu 14.04
ソフトウェア      ・NVIDIA DIGITS・NVIDIA cuDNN 2.0・NVIDIA CUDA Toolkit 7.0・Caffe

参考ウェブサイト http://www.hpctech.co.jp/gpuproduct/hpct-w111ga.html

スペックを最高にすると一体どれくらいの価格になるのか気になるところですが、GPU TITAN Xを4機搭載したUEIのDEEPstation DK-1 Expert Editionは、税込で3,239,784円。

販売:UEI
製品名:DEEPstation DK-1 Expert Edition
CPU    インテル Xeon E5-2620v3 x2(クアッドコア/HT対応/定格3.40GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8MB)
チップセット    インテル C612
電源    2000W 80PLUS Titanium
RAM    512GB PC4-17000 (32GDR4-2133 4R4 LRDIMM 32GB×16)
SSD    1.6TB x 2
HDD    4TB SATA3 x 2
GPU    NVIDIA GeForce GTX TITAN X 12GB(3072CUDAコア 250W) x4

価格:税込3,239,784円
参考ウェブサイト:https://deepstation.jp/order/

これはディープラーニングの研究を仕事にしているエキスパート向けでしょう。

ネットでざっと見てみても、20万円台から300万円超まで、予算に応じていろいろな製品がありました。販売会社はいくつかあっても、製造のメジャーなところは、トーワ電機とサードウェーブデジノスのようです。

参考にしたサイト

  1. deepstation.jp UEIとサードウェーブデジノス社が共同開発したDEEPstation DK-1は、強力なCPUパワーと高性能なGPUの組み合わせで最先端の人工知能ソフトウェアを動作させることが可能です。
  2. Deep Learning UNIT デスクサイドに置ける世界最速マシン パソコン工房
  3. ユニットコム会社概要 社名 株式会社ユニットコム ショップ名 パソコン工房、グッドウィル、TWOTOP、FAITH、FreeT、BUY MORE (バイモア)、SELL MORE(セルモア)
  4. 株式会社サードウェーブデジノス 会社概要 グループ ドスパラ通販 ドスパラ店舗 ドスパラ中古 株式会社ドスパラ 法人事業部 安全環境事業部 上海問屋本店 株式会社サードウェーブソリューションズ Vaill株式会社 株式会社日本ティーキャム
  5. 株式会社HPCテック
  6. GPGPU ワークステーション パソコン工房 株式会社ユニットコムはトーワ電機株式会社と共同開発したGPUコンピューティング向けワークステーション2機種を発売しました。
  7. 電脳ヒッチハイクガイド【卒論にはもう間に合わない!?】DEEPstationが地味にバージョンアップ! 2016-02-15 まあぶっちゃけると、ドスパラで売ってるのと同じ値段なんで高くも安くもないです。じゃあ敢えてDEEPstation DK-1を買う理由は? ハードとしてはドスパラと同じだけど、手間が掛からない。あと、ディープラーニング講座に同時申し込みで10%割引! まあ買っただけでは使い方がわからないだろうからなあ。この手のものは ・・・オレは自分でPC作るの結構好きだから敢えて自作して、githubからダウンロードするぜ。無料だし まあそういうことがデキる人は自分でやるよろし。 ハードの場合、相性問題とかあるから1年保証とか意外とありがたいと思うけどね そこはまあ、製造はサードウェーブデジノスさんなんで。
  8. トーワ電機、深層学習向けWS「DeepLearning BOX」の”DIGITS 2.0″対応を表明 マイナビニュース 2015/07/10
  9. トーワ電機、「NVIDIA DIGITS」をプリインしたディープラーニング向けWS exciteニュース/マイナビニュース 2015年4月7日 トーワ電機は7日、GPGPU関連の製品やソリューションを提供する「G-DEP」より、NVIDAのディープラーニング用のソフトウェアパッケージ「DIGITS」をプリインストールしたワークステーション「DeepLearning BOX」を発売した。標準仕様での価格は865,456円から。
  10. トーワ電機、ディープラーニング入門向けのGPUワークステーション マイナビニュース 2015/03/20 トーワ電機は20日、GPUによるディープラーニング入門向けのキューブ型ワークステーション「GIX-1000DL」を発表した。即日受注を開始し、価格は998,000円から。

NVIDIA Deep Learning Course: Class #3 – Getting started with Caffe

 - GPU